きいろいねこ

日常系記事が大半を占めています。ちょくちょくイラストも。

彼女と彼女の猫【本のしおり】

まずはじめに。

読んだ本の感動を忘れたくない。

そういう気持ちから生まれた、わたしによるわたしのためのしおり。

 

f:id:starmooncat:20161027201727j:plain

 

今日借りてその日のうちに読んでしまうほど面白かった!

登場人物が多かったり物語が複雑だと最初から読む気がなくなるのですが、このお話はとても読みやすかったです!

そして原作はただいま大流行している映画、【君の名は。】でおなじみの新海誠さんです。

 

この話は、1話ごとに主人公が変わります。それぞれの視点から物語を見ることができるので、人や猫によって考え方や気持ちが違うので見てて面白いです。

 

1話は美優という教師と拾われた猫、チョビとの物語。

さまざまな問題に苦しむ美優を助けたいと願うも猫なので何もできないチョビにこっちまで心が苦しくなる。

 

2話は麗奈という絵描きさんとミミという猫との物語。

絵がうまいだけではなかなか夢はつかめない。周りからの評価だってなかなか得られない。

自分と向き合って進路を決めていく。

最初は強い麗奈、最初は弱いミミ。

しかしいつのまにか逆転していて、ミミのほうが強くなっていたところが驚きでした。いろんな逆境に立ち向かう、麗奈の成長ぶりが見所です!

 

3話は葵という女の子とミミの子供、クッキー(♀)の物語。

喧嘩別れをした親友。その親友が喧嘩をした次の日になくなってしまい、家の外に出られなくなってしまう。

クッキーと出会い、お互い成長する。葵を救ってくれたクッキー。

 

4話は猫たちの信頼できるジョンという犬の飼い主さんの話。

ジョンはもう歳をとっていて自分に死が近づいてることを悟って飼い主の前から姿を消します。それにはちゃんとしたわけがあって、本当に飼い主との信頼関係が気づけているんだなって思いました。

 

この話は全部つながった一つの大きな物語で、最後にみんなお互いに関係を持っていくところがすごいと思いました。

猫たちが飼い主同士をひきよせてくれた。猫たちによって作られた新たな運命、猫の力ってすごいなって思いました。

最後の最後にチョビの飼い主である美優への願いがかなった、ということでハッピーエンドで終わってよかったです。

でもジョンはやっぱり死ぬときは飼い主に看取られて死んでもらいたかった・・・(=´;ω;`=)

 

その他にもかぎしっぽ、クロ、亮太などさまざまなキャラ視点で描かれていておもしろいです!